法人の印鑑をつくるならプレビューを確認することが大切

会社の設立や金融機関との契約など様々な場面で法人では印鑑が必要になります。

条件を満たした印鑑を求められる各所へ持参したり押印することは大切ですが、印鑑をつくる過程においてプレビューを確認し満足したものを所持することは大切です。

法人の印鑑は長く持ち続けるものであり、印鑑から法人の印象やこだわりを感じさせるものだからといえます。

法人で扱うそれぞれの印鑑の意味とは

法人では様々な場面で印鑑が必要となります。例えば法人実印は法務局に登録している会社の実印のことをいい、法務局で登録をすると会社の印鑑証明書を取ることができます。また実印は代表者印とも呼ばれ個人が持つ実印のような重要な役割を担っているのです。

法人の実印で取得することのできる印鑑証明書は会社の存在を証明するものであり、仕事の契約や法的な手続きなどで求められることがあります。重要な契約や法的な手続きなどでは代表者印での捺印と印鑑証明書が必要である場面が多く、このことからも法人では最も重要な印鑑であることが認識できます。

この他にも法人実印、代表者印が必要とされるシーンには株券を発行するときや企業を買収するとき、連帯保証を契約するときや代表取締役が変更になったときなどがあります。また法人実印、代表者印は商業登記規則第9条に定められているとおり、1センチメートル以上3センチメートル未満の正方形に収まるサイズ、という規定があるのです。

大きすぎたり小さすぎることを避けるため直径が18ミリメートル、21ミリメートルのものを選択する傾向が強くまさに定番のサイズであるといえます。また印鑑は、照合に適するものでなければならないと定められているので、月日が経つにつれ劣化をするような素材のものは適してはいません。

法人実印の規定やプレビュー

法人実印、代表者印にはサイズだけでなく時が経つにつれ変化をしないもの、つまり法務局で印鑑登録をしたときの状態を保ち照合に適するものでなければなりません。またサイズを選ぶ際には社名の文字数は重要なのですがそれは印鑑そのものの全体的なバランスが左右されるからです。

社名が長ければ大きなサイズでバランスよく文字がおさまりますし、短い場合は大きな印鑑よりも小さめであるほうが空白などを生みださずに済みます。法人実印、代表者印をつくる前にプレビューで確認してみることは大切で、印鑑ができあがってから自分が想像していた印鑑と違っていた、ということはこのプレビューで避けることができます。

またプレビューによりほんのひと手間、確認作業をすることで満足のいくものを手に入れるだけでなく法人として気持ちの良いスタートがきれるのです。法人実印、代表者印は二重の印影となっています。二重になっているのには理由があり外枠には社名などが入ります。

そして内側には代表者印が入りますが、内側の代表者が代わったら印鑑そのものを作り直す必要があるのか、という疑問を抱く人は少なくありません。確かに代表者印というほどですから、代表者の変更と法人運営に必須である印鑑のこれからの扱いは気になるところです。

印鑑の内側は代表者が書かれていますが、それは個人名ではなく役職で示されており、例えば代表取締役印や理事之印などと書かれているのです。

商業登記規則第9条とは

法人実印、代表者印には商業登記規則第9条にサイズや照合に適するものという記載があります。しかし刻印内容については記載されてはいません。つまり極端にいえば法人名も役職名も刻印されていなくてもいいのです。しかしこの印鑑がどのような場面でどのように使われるのかを想像すれば、必要な内容を入れることは重要であることがわかります。

印鑑は契約や法人の存在を証明するなど様々な役割を担っていますが、その役割が大きいぶんだけ偽造し悪用されるリスクと隣り合わせているのです。

印鑑を偽造した犯罪はなかなか絶滅させることができずにいますが、このようなことを避けるためには読みやすい書体や、使う側さえも認識できないような難しい書体を使った印鑑を使用することは避けるべきといえます。印鑑に使われる書体は様々ありますが古印体や篆書体、吉相体が人気があります。

特に篆書体の人気が高く、どのような社名でどのような役職かを見た人が認識できる書体であることがその要因であるといえます。

また古印体はなじみやすい印象であり、吉相体は社名が八方に広がるかのような配列で、縁起のいいものとして人気です。このように書体と印鑑の大きさ、文字のバランスなどをプレビューで確認しチェックすることは大切です。

人気が高いおすすめの印鑑サイト

丸印と角印

法人実印、代表者印は丸印であることからそのまま丸印と呼ばれることもあります。一方で角印という四角い印鑑もありますが一般的に認め印として使用されており社印と呼ばれています。このほかに法人銀行印や社判などもあり、法人銀行印は個人銀行印と同じように口座開設時に登録した印鑑とお金のやり取りをする相手が、銀行に登録した印鑑の持ち主であるか本人を確認するために必要です。

また法人同士のお金のやり取りを銀行を通して行うには口座開設は必要であり、そのためには法人銀行印が必要となります。印鑑のなかには社判というものもありますがこれは社内で用いる印鑑全般のことを表しており、例えば法人実印やゴムのスタンプなども示しているのです。

印鑑とスタンプの違いや使い方について

法人の印鑑製作にはプレビューが大切

法人が使用する印鑑にはこのように法人実印、代表者印のほかに法人銀行印や社判などがあり、それぞれ求められる場面に合った印鑑で必要な条件をクリアしたものでなければなりません。また偽造の対策ができるようなつくりが求められています。

個人の印鑑は勿論、法人の印鑑も大切なものであるため印鑑をつくる際にはどのようなものになるのか、を把握することができる印鑑のプレビューはとても重要です。

印鑑のプレビューは実際につくられる印鑑とは多少異なるものの、文字の大きさなど印鑑のバランスや配置を確認できます。印鑑や文字の大きさなどパソコン上で自動創作するため時間もあまりかからずに済みます。

ペア印鑑ってどんなもの?

法人の印鑑のプレビューの必要性とは

法人で扱う印鑑には様々なものがあり法人実印、代表者印や法人銀行印のほか社判などがあります。必要な条件を満たした印鑑が求められますが印鑑をつくる際には、実際につくられる印鑑とは多少異なるもののプレビューを確認することは大切です。

全体の文字のバランスや偽造を防止できるような書体なのか、様々な観点からプレビューをチェックします。