印鑑とスタンプの違いや使い方について

日本では公式文書や重要な契約書などを作成する際に印鑑が不可欠とされています。電子データへの移行が進んでいる現在においても印鑑の重要性は変わらないと言えるでしょう。印鑑を英語でスタンプと表記することがありますが、厳密には印鑑とスタンプは別物で、用途も大きく異なる点を注意しなければいけません。

印鑑を正しく扱うためにも、スタンプとの違いやそれぞれの特徴を学びましょう。

誕生石を使った印鑑を作ってみよう

印鑑は法律上の権利や義務が発生する重要な物

印鑑ははんこや印章など様々な呼び名があります。厳密に言えば印鑑は役所に申請した印鑑登録が受理されている実印を指す言葉です。実印は公的に認められたはんこであり、様々なはんこの中でもっとも重要な物です。実印は書類作成においては身分証のような意味合いもあるので、ローンを組んだり契約書を作成するなど、重要な手続きの際に使う物とされています。

実印を持っている人が印面に刻印されている名前の人と認識されるのです。そのため、実印は慎重に扱わなければいけません。また、実印に限らずほとんどのはんこは押すことで法律上の権利や義務が発生します。記載されている内容を確認した印であると同時に、内容に同意したことを意味しているためです。

自分では内容を確認しただけのつもりではんこを押しても、法律上は内容に同意したと見なされます。そのため、はんこは安易に押さないように注意しなければいけません。

スタンプは印鑑扱いされないはんこ

印鑑を英訳するとスタンプと読みますが、日本でのスタンプは印鑑としての効力を持たない、シャチハタなどのゴム印を指すのが普通です。シャチハタはゴムやスポンジなどの柔らかい素材で印面を作っている安価なはんこで、印面部分にインクが沁み込んでいる仕組みになっています。

強く押すとインクが滲み出て印面が転写される仕組みです。一般的なゴム印は木材やプラスチックなどの台木にゴム製の印面を貼り付けた物で、勘定科目や日付、役職名などが刻まれています。また、イラストや模様などが刻まれているゴム印もありますが、このようなスタンプは印鑑として扱うことはできません。

印鑑登録を行うには印面が長く変形しないことが条件とされているためです。ゴムやスポンジなどの柔らかい素材で作られているゴム印はその印面が容易に変形するので条件を満たしていません。また、印面がすぐにすり減ってしまうので、長く使い続けるという条件からも外れてしまいます。

実印を使うまでもないとされている、簡単な契約書や少額の金銭をやり取りした証明書などもスタンプは使えないのが普通です。

はんこ作りに適した素材の特徴について

はんこは用途の性質上、長持ちする素材が使われています。古い時代は製品の加工技術が未熟だったことから、入手が容易で加工もしやすい木材や動物の骨が使われていました。昔のはんこ作りはすべて手作業だったので、小さな印面に細かい文字や記号を彫るには柔らかい素材が適していたのです。

しかし木材は湿気に弱くカビが生えやすい、動物の骨は乾燥すると割れてしまう欠点がありました。長く使い続けることを前提とした物でありながら、素材は長期保管に不向きという問題があったのです。そのため、木材は漆を沁み込ませる、動物の骨は椿油で磨くなど少しでも長持ちさせようと様々な工夫が施されました。

現在でもほぼ同じ防腐加工を経て作られています。現在の安価なはんこはそのほとんどがプラスチック樹脂で作られています。量産が可能なうえに加工も容易なので100円ショップなどの安売り店でもはんこが購入できるようになりました。

安いはんこではあるものの、プラスチック樹脂はある程度の固さがある他、水や油の影響をほとんど受けません。通常の使い方であれば印面が変形せず、長く使い続けることができるので印鑑登録の条件を満たしています。三文判を実印として扱うことも不可能ではありません。

また、デザインや色合いなどを自由にアレンジできるのもプラスチック樹脂ならではのメリットと言えます。

個性的なデザインのはんこを作るならプラスチック樹脂が最適と言っても過言ではありません。かつては権力者が純金など金属製のはんこを使っていたことがありました。金属は非常に固いので印面が傷みにくく、素材もその多くが高級だったことから権力者や富豪がステータスアイテムとして好んでいたとされています。

しかし金属は非常に加工が難しいためあまり普及しなかったのが実状です。現在でも合金製の特殊なはんこがありますが、加工が難しいのは昔から変わらないので少数に留まっています。

スタンプが活用する場面の詳細

スタンプは印鑑登録ができないはんこなので実用性が皆無なイメージがありますが、法的拘束力を持たない書類の作成には重宝する雑貨と言えるでしょう。手紙のあて名書きや経理関係の書類作成の際、同じ言葉を手書きするよりスタンプを押すほうが効率的です。

特に経理や事務などのデスクワークは何枚も同じ文面を書き記すことが多いので、スタンプによる作業の効率化は必須と言えるでしょう。個人名や会社名など頻繁に書き記す文面が多いほどスタンプの重要性が増します。模様やイラストを常に同じクオリティで転写できるのもスタンプの魅力です。

スタンプの多くがゴム製の印面なので製造コストが低く扱いも容易です。ファッション雑貨や子供のおもちゃとしても高い需要があるスタンプですが、印面がすぐにすり減る、朱肉の油に反応して溶けてしまうなど欠点も多いので扱う際は注意が必要です。

印鑑やスタンプのお手入れ方法

印鑑をはじめとするはんこ類やスタンプは用途こそ異なりますが、長く使い続けているうちに印面が汚れてしまう共通点があります。使うごとに印面を綺麗に拭き取るのが良好な状態の維持に繋がりますが、お手入れを疎かにしてしまい、気が付いたら印面が汚れで埋まっていたというケースは珍しくありません。

印面が埋まるほど汚れている場合は古い歯ブラシで軽く擦り、柔らかい布で綺麗に拭き取ります。素材によっては水や洗剤を使うと却って傷んでしまうので、乾いた布以外は使わないのが賢明でしょう。掃除の後は専用のケースに入れて暗所で保管するのが品質を損なわないコツです。

それぞれの違いを正しく認識するのが上手に使いこなすコツ

印鑑とスタンプは似ているようですが実際はまったくの別物と言っても過言ではありません。印鑑は特に実印を指し、法律上の権利や義務が発生する重要な物です。対してスタンプはその多くがゴム印で、印鑑登録ができない雑貨品という扱いになります。

それぞれの特徴を正しく把握し、適切な場で使うのが上手な扱い方と言えるでしょう。